工事計画のながれ>>診断・調査と調査結果の検討

調査・診断

大規模改修工事時の建物現状調査・診断の資料は、
通常下記の事項になります。
現時点での建物の状況(状態)を各部位別目視及び調査機械・器具で調査した方法と結果が記載されています。
また、診断書には
各状況(症状)の原因と対策方が記載されています。

<調査/診断項目の一例>
調査項目 ・コンクリートの中性化
・既存塗膜の付着力
・鉄部発錆・腐食状況
・仕上げ材の老化度
・亀裂・欠損・鉄筋爆裂
・漏水調査
・内視鏡
・パイプカット(管内部の発錆調査)
・各施設の機能調査、等
現時点での建物の状況(状態)を各部位別目視及び調査機械・器具で調査した方法と結果が記載されています。
また、診断書には
各状況(症状)の原因と対策方が記載されています。