工事計画のながれ>>施工監理について

施工監理について

修繕工事は、発注者・請負者双方の相互信頼に基づいて行われる物ではありますが、
より良い工事にする為にも工事途中に於いて双方が密に打ち合わせを行い、
着工までに現れてこなかった諸問題に対処していかなければなりません。

1ヶ月に2回程度の定期的打合せ会の開催
新しい工程に入る前に、前工程の現場調査を出来るだけ行なう
双方の窓口の一体化をはかる



この部分については、発注者サイドが素人ばかりではなかなか難しい点が多いと思いますが、請負者にまかせっきりにしないで、多くのコミュニケーションを取る事が重要です。また、コンサルタント(設計監理者)がおられる時はこれらの業務を代行してもらうのが良いでしょう。その報告を受けて、要望や意見をとりまとめ、決定事項をコンサルタントに伝えます。